2017年12月24日日曜日

子育てのこつは、子供より、大きい声を出さないのと

子供より、早口で喋らない事。あと、機嫌が悪ければ、一人のときに10分で出来たことは、一時間かかると見込んでそのあとを考える事、だいたい、30分で位で終わるけどね。あと、困ったことを言ってきたら、まずは「そうなのかあ」と、笑顔を見せること。それがコツかなあ。落ち着いて、心に余裕を。ってことかなあ。よく聞く、ダメと言わないこと聞くけど、本当にその通りで、合ってる。

2017年12月23日土曜日

アンパンマンって結局、お互い喧嘩ばっかりしてる話だあな

正義とか、悪いから殴るとか、なんだかなあと思ってしまう。子供の喧嘩。問題解決が殴るとかねぇ。そうじゃなくてねと言ってくれる大人がいない世界。悪いことをしたくなるのか、でもね、と始める大人がいない世界。良くないねえ。

2017年12月7日木曜日

鴻上尚史 不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したのか」感想

とても良い本でした。
今の日本も同じような事ばかりで、と言うことはまた戦争するぞと怖くなりました。
永遠に平和でありたい。

作者には、続編、次の章として、命令する側の心情の更なる解説を期待します。

命令する側も、誰かに命令されてて、その中の構図、心情、社会。世間なのか。
今の偽装ニュースに出てくる会社とも繋がるだろうか。

2017年9月11日月曜日

三歳のこどもに

三歳の自分のこどもに沢山の愛情を注げるのは、自分が子供の頃、親に沢山の愛情をもらった事を、次から次へと沢山思い出したから。

2017年9月6日水曜日

2017年8月30日水曜日

青空に飛ぶ 鴻上尚史の感想

「死ね」と言われた中学生
「死ね」と言われた若い頃の佐々木氏

辛すぎる状況の中学生
辛すぎる状況の若い頃の佐々木氏

「死のう」と思った中学生
「生きよう」と思った若い頃の佐々木氏

本を読んで「辛すぎる状況でも、佐々木氏は生き続けたんだ」と知ることが出来たのが良かった。

おじいさんになって今も生きている姿を見て「佐々木氏は生き続けたんだ」実感が持てたが良かった。

しかし、佐々木氏は生き続けられたけど「自分はどうしたら生き続ける事が出来るのかの方法」が分からないまま本を読み終わってしまう。

しかし「自分はどうしたら生き続ける事が出来るのか」を「考える事が出来るようになった」のが良かった。

最後には生き続ける事が出来る場所を探しあてた。良かった。

佐々木氏は、自分を殺そうとした人々とは関係を切った。
中学生も、自分を殺そうとした人々とは関係を切った。
良かった。